医療脱毛とは?脱毛サロンとの違いとメリット※デメリット!

医療脱毛

医療脱毛の仕組みや脱毛サロンとの違いを理解して、自分に合った脱毛方法を選びましょう♪

医療脱毛とは?

医療脱毛で使用されるレーザー脱毛は、特定の色(メラニン色素)にだけ反応・吸収する波長を増幅した光を使用した脱毛法です。
毛の製造工場にあたる毛母細胞に反応した光エネルギーが熱エネルギーに変換し毛を作る組織を破壊し毛が生えてこなくなります。
一度破壊された組織は復活しないため、永久に脱毛効果を得ることができます。

エステ脱毛との違いは?

エステでもメラニン色素に反応する光エネルギーを使用されますが、光のパワーが医療脱毛のレーザーよりも弱くなっています。
そのため、エステサロンで行われる光脱毛は永久脱毛とは呼べず脱毛を完了させるためにある程度回数が必要となっています。
医療レーザーも一回で終わらないですが、回数を重ねるたびに毛の量が減っていくのを実感しやすいといえます。少ない回数で脱毛を完了させたいのであれば医療脱毛がオススメです。

しかし、脱毛サロンでもシースリー銀座カラーでは永久脱毛保証がついているプランもあるので納得できるまで脱毛できるのでその点に関しては心配はなく脱毛することができます。
永久脱毛保証がついているプランでは支払いの上限の決まっているので、脱毛を終えてまた生えてきたらどうしようっという心配もなくなります。

医療脱毛のデメリット

特定の色(メラニン)に反応させる脱毛法なので、休止期の毛やメラニン色素が薄い顔や手の甲には効果が期待出来ないとされています。

毛が太い部位や、毛の色素が濃い方には効果を発揮しますが、毛の薄い方は脱毛サロンのSHR脱毛を検討されてもよいかもしれません。
SHR脱毛は蓄熱式脱毛法と呼び、メラニンに反応しない脱毛方法なので産毛にも効果を発揮する次世代脱毛法として注目されています。
SHR脱毛は成長期⇒後退期⇒休止期全ての毛にアプローチできるので、脱毛完了が速いといわれています。
SHR脱毛法の解説⇒

医療脱毛のメリット

医療脱毛を行う医療機関やクリニックは脱毛サロンでは扱えない強力なレーザー脱毛を行うことがでいます。法律上、脱毛サロンではある一定以上の光の強さを使えないためです。
強力なレーザーのため一度破壊された組織は復活せず、永久に脱毛効果を得ることができます。
体毛は成長期⇒後退期⇒休止期とサイクルがあり、目に見える毛は約30%になりますので、1ヶ月半~2ヶ月半おきに約6~9回の施術が目安となっています。
また医師が常駐しているため、何か肌にトラブルがあった時など適切な処置を行ってもらえます。

まとめ

エステサロンでは、法律上『長期的効果のある脱毛は行ってはいけない』とされていますが、近年では脱毛機種の性能も上がり脱毛サロンでの仕上がりに満足のされる方も多数おられます。
個人的にも、脱毛サロンで十分満足していますが医師に診てもらいたい方は医療脱毛をオススメします。
脱毛は強力な光を使用するため、肌のトラブルのリスクは全くないというわけではないので、トラブルがあった時など適切な処置を行ってもらえる医療機関やクリニックは安心ですしね。

おすすめの医療脱毛

レジーナクリニック
月々6800円
レジーナクリニックキャンペーン
全5回コース18900円(税抜)
湘南美容クリニック
全身初回 49,800円
湘南美容クリニック
初診料・再診料0円

全国各地料金比較ランキング2018年決定版

ワンちゃん
ワンちゃん

通いたいエリアをえらんでね

全国脱毛サロン&医療脱毛料金安いランキング
北海道・東北
札幌 / 旭川 / 盛岡 / 仙台 / 新潟
東京
新宿 / 渋谷 / 池袋 / 銀座 / 恵比寿 / 立川 / 吉祥寺 / 町田 / 上野 / 八王子 / 北千住
神奈川県
横浜 / 川崎 / 藤沢 / 溝ノ口 /
関東
宇都宮 / (群馬)高崎 / (埼玉)大宮 / 川越 / 熊谷 / (千葉)千葉駅 / / 船橋 / 津田沼
北陸・中央・東海
静岡駅 / 浜松 / 名古屋駅 / / 金山 / (石川)金沢 / 岐阜 /
近畿
大阪ミナミ / 梅田 / 天王寺 / 京都 / 神戸(三宮・元町) / 姫路 /
四国・中国地方
岡山 / 広島 / 香川 /
九州・沖縄
(福岡)天神 / 博多 / 小倉 / 長崎 / 大分 / 熊本 / 鹿児島? / 沖縄 /

脱毛に関することを日々研究し情報発信しています。

皆さんの脱毛選びのお役に立てれば幸いです。